×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

カードローン地獄の実態

カードでのショッピングは、現金を持ち歩かなくても一時的に現金と同じ役割を果たしますが、現実にいうと「借金」と同じで最終的には「お金」で返すのです。カードローンでお金を借りたときも同様で、まるでお現金収入として入ったかのように勘違いしてしまいそうですが、それは借金であって、純粋な意味の収入ではありません。にもかかわらず、カードローンに手を出す人は増えています。しかもカードローンで借金がふくれながらも返すことができず、苦しい生活を余儀なくされている人は増えるばかりです。ついには返せずに、自ら命を絶つ人も少なくない状態で、気軽なカードローンという落とし穴にはまってしまうせいです。現金を持ち歩くことなくショッピングもできるし、手続きもATMで簡単にできるというシステムがさらに利用する人を増やし、カードはますます増えていくわけでしょう。そういう現状の裏には、カードが利用可能なお店が増えている、ということもあるといえるでしょう。昔は、現金でしか買えなかったものが、今ではカードで買えるという時代背景も、十分理由の1つでしょう。 世の中に海外旅行をする人が増えたということもあるでしょう。カードがあれば心配ないと、いわば「お守り」のようなもので、確かにほとんどの人が利用していますし、とても便利なものですよね。しかしそんな中、上手な使い方ができなくて、気軽に買い物などができることからどんどんローンを増やしてしまっている人もたくさんいるのです。借金であるという事実をなかなか持てなくて、利用金額や返済期日を考えることもなくカードを使いすぎ、ローンを重ねるばかりで自分の首を締めてしまう状態をつくっている人が、どんどん増えているのが現状です。

カードローン地獄から抜け出す

クレジットカードは悪いものではなく、ただ利用法を間違えたのです。カードローン地獄から抜け出すには、どうしたらよいのでしょう。そのためは、たとえ現在苦しい生活をしていても、自分に本当に必要でないものはどんなことがあっても買わないと決め、そしてカードは使わない、現金で、自分の収入内で買えるものしか買わないと、強く決心することです。そんなときは、とにかく新たにカードローンを続けるなどということは絶対にせず、むしろ節約する努力をし、自分の状況を見極めて整理するようにしなければなりません。いくら収入があって、いくら返さなくてはいけないのか、多少のリスクは背負っても支払期日を延ばせないのか、ほかに良い方法はないか、相談する人はいないのかなど、よく考えてみることです。こんなカードローン地獄から脱却するためには、とにかく冷静になってもう一度自分の状況を見つめ直して始めること、これ以外に方法はありません。助けてくれる家族や親戚がいる人は、金融機関から借りる利息付きの借金よりは安心できますから、返済を約束した上で借りるのも1つの方法です。信用してもらうには、まとまったお金が出来てからではなく、毎月コツコツ返していくのが絶対です。自分の収入ではとても返済が不可能で、ほかに頼れる人もいない場合には、弁護士に相談するなど、法的機関を利用してみましょう。そんな法的機関では、返済計画の立て方を教えてくれたり、返済が軽くなるような方法を示してくれるなど、様々な形で相談者を守ってくれます。カードローン地獄へと落ち込んでしまう人の中には、ストレスを発散するために過剰な買い物を繰り返し続けると言う人がいますが、度を越す場合、これは明らかに病気だと言わざるを得ません。こんなこともあると考えると、たまり続けるストレスがカードローン地獄につながるなどということもありうるわけで、これを防ぐためにも日頃から余計なストレスはためないようにする必要があるのかもしれません。

カードローン地獄。。。

カードを利用する際に返済に困ることを前提に借り入れをする人は誰もいないとは思います。誰もが最初は、たくさんあるカードローンの種類やその仕組みをきちんと理解してから、自分の貯金や収入をふまえて、カードローンを使用していると思うのです。そのように、しっかりと準備をしてローンの借り入れをした人でも、「まだ限度額があるから大丈夫」というようにちょっと油断すると、気付いた時にはカードローン地獄に陥ってしまっていた、いう場合も少なくありません。よくあるパターンですが、学校を卒業して晴れて社会人となってすぐに、はじめてカードを持った場合、なんとなく嬉しくなってしまってその勢いで、支払いにカードを多用すして買い物をしていると、後で青ざめてしまう・・。そんなこともあります。カードローンを安易に考えていると、自分のお金と勘違いしてしまうのです。そして普段から多用してしまい、届いた明細書を見てビックリという方も多いようです。このような失敗をしないようにも、カードローンは借りているお金なのだといつも自覚していなければいけません。そうすれば、使い過ぎず、便利なものとなります。利なカードローンですが、あくまでも自分のお金でも貯金でもなんでもないことをいつも覚えておくことが大切です。最初はほんの些細な気のゆるみです。しかしあっという間に借金地獄へと落ちてしまうのです。「自分は大丈夫。そんなことはない。」と思っていた人でもカードローン地獄に陥ってしまうことはあるようです。自分には関係ないことだと思っている人も、ぜひ気を付けてください。

Copyright © 2007 - カードローン地獄の実態